スチーマーナノケアの機種別性能

スチーマーナノケアは美容家電全体を牽引していくほどの強力な人気商品になりました。

 

お肌の潤いを保つために購入される女性がどんどん増えてきています。

 

当サイトでは、このスチーマーナノケアを商品別に特徴をわかりやすくご紹介していきたいと思っています。


スチーマーナノケアEH-SA60について

今回はスチーマーナノケアの詳細な商品説明をしていきます。

 

まずは2010年の発売以来、ロングセラー商品となっているスチーマーナノケア EH-SA60についてです。

 

このスチーマーナノケア EH-SA60は、実はパナソニックが一番力を入れて開発を行ったスチーマーナノケアシリーズのいわば代表的な商品で、傑作とも言われています。

 

イオンスチーマーの開発を幾度となく繰り返し、様々な改良を重ねた上で、新機能を搭載してようやくこの使い勝手が良くて優れたこの商品にたどり着いたのです。

 

また、このスチーマーナノケア EH-SA60は、ナノイーだけではなく、プラチナスチームというスチームを発生させる機能がついており、ナノイーとの使い分けをすることができる点も大きなポイントとなっています。

 

スチーマーナノケア EH-SA60では、ナノイーを約8時間連続で発生させる事ができ、スチームは約12分間発生します。

 

このスチームの温度は40度程度で、蒸気が出て来ます。スイッチを入れてから1分程待ったところでスチームが出て来ます。

 

重量は1.7kg程度で、おおよそ1.5リットルの飲料水のペットボトルと同じくらいです。

 

大きさは高さ21.5cm×幅15.6cm×奥行21.8cmなので、置く場所に困るといったこともなさそうです。

 

価格は市場相場で大体13,000から15,000円なので、効果に対して考えるとかなり安価なのではないでしょうか。


故障やトラブルを回避する方法

 

スチーマーナノケアは、水を使用する商品ですので、基本的には水には強い仕組みになっています。
しかし、水と電化製品は、元来相性は良くありません。

 

水による電化製品のトラブルはたくさんの人が経験されていると思います。

 

ですから、その点は製造過程できちんと対策が取られているようです。

 

とは言え、機械ですから、必ずしも故障しないとは言い切れません。

 

そうなった時はどのようにしたら良いかということを頭に入れておくと良いでしょう。

 

まずスチーマーナノケアを使っている最中に電源が入らなくなったというケースですが、そんな時は蓋がきちんと閉められているかどうかを確認しましょう。

 

少しでも蓋が開いていると、スチーマーナノケアは電源が入りません。

 

慌ててしまわずに、冷静になって、まずは蓋がきちんと閉められているかどうかを確認しましょう。

 

それからスチームや冷ミストが噴射されなくなったというケースもあります。

 

こうした場合は、噴射口が詰まっていたり、安全装置が作動している場合もありますので、本体が動く状態になってしまっていないか確認するようにしましょう。

 

本体裏面には傾斜スイッチというのがあり、少しでも本体が斜めになるとスチームが止まるようになっています。

 

ですからクッションやタオルの上で使っていると作動しない場合があるのです。

 

また冷ミストが出ない時は、掃除用の針が付属品に含まれているはずなので、噴射口を掃除してみてください。

おすすめの美容関連情報

美容液ファンデーションとして人気のあるマキアレイベル薬用クリアエステヴェール販売店の最安値や、色・下地についての口コミ情報などファンデ選びのお役立ち情報が満載です。
>>>クリアエステヴェール下地